夢牡蠣が何故?この時期に食べれるのか?多くの皆様が疑問だと思いますので、お答えします。※ご質問が届きましたので、同様にお答えします。

1.岩牡蠣以外は、夏場はおいしく、安全に、生牡蠣が食べられると思えないのです
答え)牡蠣の養殖が一般に浅場と内湾での養殖が多く、水温が上昇する6月以降は、生菌数が上がるため出荷出来ない所が多いのですが私たちの養殖をしている雄勝湾は、水深40mも有る海での養殖と大きな川が無く、住んでいる人も少ないため、海への生活排水が流れ込まないため、生菌数も…上昇しないのと雄勝湾の特性が有るためです。岩牡蠣以外が夏場美味しく食べれないと思うのは、単なる人間の固定概念だとおもいますよ。

2.生で食べられるというのは、そのための殺菌処理をしているのでしょうか。
答え)生食用の牡蠣として出荷するためには、滅菌処理をしなければいけないので滅菌処理をして、貝毒検査や生菌検査、ノロウィルス検査を実施し保健所の許可へての販売になってます。
たとえ生で食べられても、一般に5月~8月は牡蠣の産卵期のため、味がガタッと落ちるとも聞いたことがあります
⇒雄勝湾は、比較的水温が低く塩分濃度も年間を通して一定の為
産卵期が始まるのが7月以降で卵を持ち始めると甘味が増してくるので美味しく食べれるのですが好みだと思います。

夏に食べることができる夢牡蠣!280g以上に育っています。是非、ご賞味いただきまして皆様のご感想をお寄せ下さい。

漁師の会社 株式会社 海遊(kai-you)~海の恵みを大切なあなたへ~さんの写真
漁師の会社 株式会社 海遊(kai-you)~海の恵みを大切なあなたへ~さんの写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です